GO☆TO★マラウイ

wucchiのマラウイ活動記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

バカンス in Zanbia & Tanzania(Zanzibar編) 

さてさて、前回の続き。

ザンビアで同期に分かれを告げ、タンザニアに向かうべく空港へ。
チェックインまで時間があったので、
ロビーでマラウイでは食べれないケンタッキーを食べながらふと見たArrivalの掲示板。
IMG_6432.jpg
ブランタイア(マラウイ)からの便、キャンセルって・・・。
どんだけ乗る人少ないんだ、Air Malawi。
そりゃ、JICAも使用禁止にするわ。


ダルエスで乗り継ぎ、ザンジバルへ。
久しぶりのじわっとした海の感じ。
日本を思い出させます。
マラウイ同期2人と世界遺産ストーンタウンはフォロダニ公園の屋台で落ち合った。
IMG_6463.jpg


先に到着していた2人、やたらテンション高い。
「めしがちょー美味い!!」
「ナイロビで寿司と海老天食べた、最高ー!!」
「タコやイカがあるよー!!」
「さとうきびジュースがやばい!!」

出てくる言葉は食い物の話ばかり。

2人に言われるがままに、タコとエビ、さとうきびジュース、ザンジバルピザを頼み、食す。

「うまい!!」


マラウイ隊員、任国外でのプライオリティーはやはり ”食” 。
噂に違わぬタンザニア、恐るべし。


翌日、既に散策&買い物をスタートしていた2人につれられストーンタウンの街へ。
IMG_1671.jpg IMG_1674.jpg

イスラムの香りと建物、迷路のような道。
ここはアフリカか?と疑ってしまうほど、異国情緒(?)にあふれていた。
多分、僕は1週間ここにいても飽きないだろうなぁと。

次の日にはプリズン島へ。
ここには大きな陸ガメが生息?しているので有名。
そのでかさはというと
IMG_6502.jpg
甲羅にペンキでナンバリングされていたのにはちょっと興ざめしましたが。


さてさて、ストーンタウンを一通り見た後は東海岸のビーチ、パジェへ。
ここには20年やっている日本人オーナーの宿があります。
宿泊前日、同期の1人がモザンの島でウニを見たから、きっとザンジバルにもいるはずとのこと。
それを確かめる&刺身が食えるかをオーナーに確認。

内:お刺身食べれますかー?
オ:はい、ちょうど明日ご用意しております。
内:ウニが獲れると聞いたのですが本当ですか??
オ:うーん、獲れるときもあれば、そうでない時も。

「獲れるときもある」=間違いなくいる!!

刺身とウニに俄然テンションが上がる3人。


到着すると、そこに待っていたのは
IMG_1694.jpg
白い砂浜と遠浅に広がるエメラルドの海。

そして、
IMG_6525.jpg

DSC05571.jpg
日本のおもてなし♪


肝心のウニはどこだ!?


オーナーに聞くと、




「自分達で獲ってきたら割り方説明しますから」




ウニ漁




オーナーの一言でパジェ最大のアクティビティが決まった。


とりあえず行くべと、シュノーケルをレンタルし、いざ出漁!!
ウニは海藻の中にいるということで、海藻エリアまで泳ぎ、、、
すると、




めっちゃいるやん!
IMG_6560.jpg
こんなやつ。
でも、これはほとんど入っていないんだとか。

お目当てはこいつ
IMG_6513.jpg
白いやつ。

初日は偵察も兼ね、1人1匹、計3匹で終了。
早速中を割ってみると、


全然入っていない・・・orz


ウニ丼の夢を砕く。


ウニ丼までは最低20匹は必要だろうという結論に達し、
「目指せ1人1丼」
の目標が立てられた。



少々波の高い中、2回目の漁。
探しに探し、見つけた25匹。

翌朝、3回目の漁。
干潮になり、楽々海藻エリアに到着。
いるわいるわ。
そして、
DSC05573.jpg DSC05572.jpg
DSC05574.jpg
獲りに獲った約70

このウニ達がこうなりました。
DSC05593.jpg

IMG_6578.jpg



うまーい!



悲願達成!!

ゆっくりすべきパジェの静かなビーチ。
ウニ漁に明け暮れた3日間だった。
(イルカと泳ぐツアーもやったよ、一応)
スポンサーサイト

カテゴリ: マラウイ

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。